スナップショッツ!

タグ:Nikon New FM2 ( 193 ) タグの人気記事

クラウドサーフィン

e0060651_19583733.jpg
トラヴィスのフランが、いかついおにーさんに肩車されてクラウドサーフィンしてるところ。
フジロックのグリーンステージ。
お客さんがみんなスマホで撮影してるところが時代ですな。

何年か後になくなる職業の中に報道カメラマンてのも入ってくるのかも?
誰でもが目撃したものをカメラに収められる時代。

デジタルカメラが当たり前の時代、誰が撮っても同じ画になるのはつまらないな。
優等生になっても面白くないし、somthing が写り込むように、魂を磨かないとだわ。








[PR]
by the_snapshots | 2016-07-27 20:17 | LIVE | Trackback | Comments(0)

才能は人の為に使うもの

e0060651_00102541.jpg
数日前の出来事。
白杖をついた年配の女性が、交差点で立ち往生していたので、もしかして、横断歩道を渡りたいのかな?と思って、声をかけてみたところ、やはり、信号が見えないから、渡れずに困っていたとのこと。
その方と一緒に横断歩道を渡りながら、最近、SNSなどで拡散されている「白杖を上に掲げていたら、それはSOSのサイン」というのを思い出しました。
あれ?もしかして、この方はそれをご存じない?と思い聞いてみると、ご存じないとのこと。
ヘルプする側が知っていて、ヘルプされる側がそのルールを知らないという事態に驚きました。
で調べてみたら、全国的には広まっていない以前に、盲学校などでは教えられてないそうです。
白杖を上に上げるのは不安に思う方もいらっしゃるそうで。
SOSサインがあろうがなかろうが、困ってる気配を察したら、何かお手伝いできるか、お声がけした方が良さそうですね。

同じ世界に住んでいて、目が見えないその方と、目が見える私。
目が見えることが当たり前なのではなくて、それは私に与えられた一つの能力なのだと気がつきました。
そして、その能力は、人の為に使うべきなんだなと。

才能も同じ。
私に何か才能があるとしたら、それはきっと「世界のために有効に使いなさい」って神様から与えられたもの。







[PR]
by the_snapshots | 2016-04-21 02:36 | 生き物 | Trackback | Comments(0)

ぼんやりと見る

e0060651_13481819.jpg

『これはこうだからこう』って決めつけたりすることって多いかもなーってことに気がついて…
最近は、ジャッジしなくて良いものはあえてジャッジしないように心がけています。

お休みの日にふと見たテレビのワイドショーで、コメンテーターが「これはありえない」とか「頭にきますね」とか言ってることの情報量の少なさに「えっ?これだけで何を判断できるの?」って思った時に、色眼鏡で物を見るのって恐いなって気付いたのです。

決断を迫られた時には決断しなきゃいけないのですが、別に決断しなくても良い時に、あえてする必要ないな、と思った途端、なんか、急に気持ちが楽になりました。

そうすると、不思議なことに、「ああ、自分はこうしたいのか」とか「私はこういうものが好きなのか」とか、無意識域の部分がモヤ〜っと顔を出してくれて、悩まずとも、自然に判断できたりして。
「選ばなきゃ!」って思うと、どうしようどうしようって迷うけど、それを考えない方が選べるって、いったいどういうことなの?笑

それと、人といても、そのままその人を受け入れられる感じがします。なんたってジャッジしないから。
たとえ、自分と違う意見を持ってたとしても、それはそれで、新たな視点を与えてくれて、自分の視野も広がると思います。


面白いので、これ、ちょっと続けてみようかと思います。






[PR]
by the_snapshots | 2016-04-07 03:30 | 風景 | Trackback | Comments(0)

光と影

e0060651_01443623.jpg
光と影
太陽の角度が変われば
そこは日向になったり影になったり

結局は
それをどう見るか
だけ

物事自体に
光も影もありゃしない

それはただ
そこにあるだけ


世界とは…

何をどう見るのか
何をどこまで信じるのか
できているんだ

ということが
わかってきました










[PR]
by the_snapshots | 2016-03-31 02:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)

僕たちは自由だ

e0060651_13384190.jpg
僕たちは自由だ

不自由だと思うことさえ
自由だ

全て自由なんだぜベイベー!












[PR]
by the_snapshots | 2016-03-13 13:45 | 風景 | Trackback | Comments(0)

The Art of Loving

e0060651_12122862.jpg
『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』等の著者であり、アドラー心理学研究の日本の第一人者でもある、岸見一郎先生の講演会に行ってきました。

テーマは愛について。

愛することは能力であり、それは、対象との出会いに先行する、と。
個々を愛す前に、誰でもを愛せ、と。
相性はあるものの、愛することに相手は関係ない、と。

今までの概念から一歩先を行くアドラー心理学。
なかなかロックでございますよ。

子供に関する事も語られていましたが、人間はすでに10歳で完成されるので、大人のライフスタイルは、10歳の子供をモデルにすると良いとか。
子供を子供扱いしてはいけないとか。
子供は大人より空気読むとか。
もっと信頼せよとか。

そういえば、アニメの主人公って、10歳くらいのが多いよね!
もう人間として完成してて、何でもできて、伸び代もいっぱいあって、純粋で…
物語の主人公としては最高の歳なんだね。

その他にも、たくさん、たくさん、心に残る言葉をいただいてまいりました。

相手も自分と同じように自由意志を持って生きている。
相手の自由を尊重して、相手の不完全さを納得して、相手の足りないところを補ってあげる。
相互尊敬、相互信頼、目標の一致、協働関係…
など…
「愛は技術」とおっしゃってたけど、心が伴う技術は、ないよりあった方が良いですもんね。
技術っていうとなんかちょっととっつきにくい感じがありますが、それは、世界を見る力というか、考え方の癖をもっとシンプルに置き換えるとか、そういう努力みたいなものだと、私は理解しました。

アドラー心理学、奥が深すぎて、ほんの入口のみの理解ですが…
自分の人生に照らし合わせて、自分なりに取り入れていきたいと思います。





そういえば、岸見先生は、『あまちゃん』が大好きだそうで!
なんともお茶目な。^^
そして、震災にあった時の列車の中での子供のセリフに突っ込み入れてましたw
「あの非常時に、子供は絶対“お腹すいた”なんて言わないですよ。子供はその状況を完璧に把握して、自分の行動を選べます」
とおっしゃってたのが印象的でした。
「子供を上から見てはいけません」とも。










[PR]
by the_snapshots | 2016-03-06 13:09 | イメージ | Comments(0)

ざわ...ざわ...

e0060651_01285673.jpg
今年ついにフジロックデビューしちゃうかも!
だって、BECKがヘッドライナーってアナウンスが...

今年初めに、代々木でとある『王子対決』というのを観たのですが、それって、この前哨戦だったのかも!
本物の王子対決(なのか?)をこの夏、苗場で目撃するのかも。
BECK vs クリスピアン・ミルズ(KULA SHAKER)

もう、確定申告頑張る!(還付金w)



※写真はフジロックやBECKと一切関係ございません。









[PR]
by the_snapshots | 2016-02-27 02:33 | 風景 | Comments(0)

いろいろ

e0060651_10154180.jpg

以前、友達のカメラマンと『散歩しながら写真を撮り歩く』という企画で遊んでいた時に、同じ場所なのに、撮る対象がそれぞれ違っていて、面白いなーと思った事が。
そのカメラマンから「かなさんは色に反応するんだね」って言われて初めて気がつきました。
全然意識してなかったけど、言われてみればそう。
それで、こういうの撮っちゃうんだね。

無意識って面白い。
がんばってねじ曲げてもねじ曲げても、最終的にはひょこっと顔を出すのね。

あと最近思ったのは、無意識を無理矢理意識レベルでどうのこうのするのが、なんかちょっと違うかもなーって事。
無意識的には「ちょっとー、ウチらには?ウチらのやり方?があるんでぇ」って、そこ疑問系?みたいな口調で言ってきてる、みたいな感じ?
無意識レベルの能力は、無意識のまま発揮した方が、なんか良いのかも、って気がつきました。
(あ、でも、何かそれで苦しいとか、辛いとかだったら、矯正した方が良いかもだけど。できるよ、ビリーフチェンジとか。)

なんでも、自然体が良いって事かー。


同じように見えて、なんでこれ辛いんだろうなーって事があったんだけど…
それが何で辛かったのかが、ちょっとわかりました。
これが原因かなー?って思ってた事とちょっと違う部分で、窮屈だったんだなー。
って事に気がついて、ちょっとすっきり。
それと、自分の特性に合ってなかったのかもな、って気がつけて良かった。

そもそも、ヘンテコな人が当たり障りのない人みたいになろうってことろから、間違ってました。
なんか、ごめんなさい。(←あてもなく言ってみる)




…って、独り言。
わけわかんないよねw
[PR]
by the_snapshots | 2016-01-24 11:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)

瑣末!不思議発見!

e0060651_1161930.jpg

木に吊るされたペットボトル
[PR]
by the_snapshots | 2016-01-18 01:21 | 風景 | Trackback | Comments(0)

no reason

e0060651_1726429.jpg

なぜだか逆光が好き。
光の入り方のちょっとの違いで写真の雰囲気が変わるので、面白いです。
この写真は、以前アップした写真と光の入り具合が違うバージョンです。



「好き」に理由がないのなら、「好かれる」にも理由がない。
よくよく考えたらそうだよね。
当たり前と思っていることでも、逆からモノを見るっていうことをついつい忘れがち。



一番大切なのは、自分の心にまっすぐに清々しく生きる事。
好きな人、憧れる人と同じにならなくていい。
むしろならなくていい。
自分は自分なりのステキになれば良いの。
何に踊らされることなく、たまに踊らされたって、自分が自分を好きになってあげられる生き方。
それが最優先でイイんじゃないかなっ!

そんなんで、好かれたらラッキーだし、嫌われたらべっつに〜だし。
自分軸さえちゃんとあれば、何も怖くないさっ☆


だって、「好き」に理由なんてないんだもん。




…なんて事を太陽に目を焼かれそうになりながら、思ったのでした。
[PR]
by the_snapshots | 2016-01-17 18:17 | 風景 | Trackback | Comments(0)