<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

光と影

e0060651_01443623.jpg
光と影
太陽の角度が変われば
そこは日向になったり影になったり

結局は
それをどう見るか
だけ

物事自体に
光も影もありゃしない

それはただ
そこにあるだけ


世界とは…

何をどう見るのか
何をどこまで信じるのか
できているんだ

ということが
わかってきました










[PR]
by the_snapshots | 2016-03-31 02:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)

サクラサク

e0060651_03535506.jpg
お江戸日本橋の桜は咲き始めてました。^^
iPhoneで。








[PR]
by the_snapshots | 2016-03-28 04:00 | 風景 | Comments(0)

全ては自分次第!

e0060651_17021709.jpg
私は私のままで良いんだなー
頑張りたい事を頑張れば良いんだなー
変わりたいところを変えていけば良いんだなー

きっと、そう思いたいと思っていたから、そう思わせてくれる人達に出会ったんだなー

私は、生まれたいと思って、きっとこの世に生まれて来たんだなー

全ては、自分の意思だったんだなー

学びたい解りたいと思うから、それに準じた経験をするのだなー

幸せも不幸も、自分で選べるんだなー
どっち寄りの気持ちでいたいか、だけなんだなー

全ては、自分次第
自分の意思なのです



人のせいにしているうちは、何も変わらない…








[PR]
by the_snapshots | 2016-03-26 10:37 | イメージ | Trackback | Comments(0)

BODY & SOUL

e0060651_12384456.jpg
昨日、大好きなまっちゃんに、ビーマーライトペンの施術をしてもらいました。
毎回、このビーマーをどう説明したら世の中の人にわかってもらえるのかなー?って、まっちゃんとも話をするのですが…
ザックリ言うと、マッサージや鍼灸治療を光の波長に置き換えた感じ?
痛くないし、熱くないし、でもしっかり体に変化があるのです。
施術してもらってる間は、腸がグルグル動いたり、ほんわか血流が良くなったり。
私はくすぐったがりだから、マッサージは苦手だけど、ビーマーはほとんど体に触れないので、とてもリラックスして受けられます。
とはいえ、まっちゃんは、マッサージのスペシャリスト。
来院数の多い治療院で長年働いてきたので、もう体に触れただけで、悪いところがわかるんですって。
健康な部位と病んでる部位が、触ると感覚が違うらしいです。
長年、ものすごい数の人たちを診てきたという経験と、まっちゃんの、これは才能だわね。

そして、今回は、マッピング(問診みたいな聞き取り)もしてもらって、自分が気づいてそうで気づかなかった部分に気づかせてもらいました。
診断結果は「要デトックス」。
体全体では「肝」の部分が弱っているらしく、肝臓あたりがたまに痛いし、腸もイマイチ調子悪いし、目が調子悪かったりするのも、全部肝のシステムと繋がってるから、そういうところを改善しましょうってことになりました。
体と心は繋がっていて、体から発せられるサインは、心が気がつかない心のサインでもあるそうです。
心って、無意識がすごいごまかす性質を持っているので、普通に過ごしていたら気がつかないことを、体が教えてくれるんですって。
「体は嘘をつかないから!」とまっちゃん。

思い当たるストレスないんだけど…と思いながら探っていったら…
自分自身をちゃんと認めて、ちゃんと表現できていないのでは?というところに行き着きました。
はー目から鱗。
私は、自分が制限されたり、自由にできないことに対して、今、ものすごく抵抗しているっていうことに気がつきました。
左手首の痛みもあるの(これが一番で、今回の施術依頼の理由)ですが、それも、そういう不自由を感じていることを教えてくれている、ということがわかりました。
そっかー。ごめんね、私、私に気づいてあげられてなくて、本当にごめんね。

ということで、そのあたりを改善するような施術をしてもらいつつ、自分自身でできることは、まず自分をまっすぐに表現すること。
仕事とかそういうのを一切排除した表現をして、そして、自分を楽しませることをして、自分にもう少し時間をかけてあげる、という課題が見えてきました。
自分に質問をしながら原因を探っていくワークの仕方も教わりました。
これは面白そうだから落ち着ける時間を作ってやってみようと思いました。
マインドマップもそうだけど、そういうのをやっていくと、えーそうだったのかー!っていう自分の中の意外な部分に気がついて面白いです。

まっちゃんからは「左手で絵を描いてみたら?」という提案も。
絵は昔描いていたし、最近絵の具も欲しかったし、デッサンももう一回習いに行こうかな?って思ってもいたし、ちょっとタイムリー。
でも「別にデッサンとかちゃんとしてなくても、表現することが大事だから、とりあえず描いてみたら?」と言われました。
仕事とか一切排除した、自分のためだけに描く絵。
全てのことから切り離して、純粋にただただ表現するだけ、ってのがポイントのようです。
そうか!そうだね。
心赴くままに筆を走らせる気持ち良さを、また味わってみたいなーと思ったら、なんだかワクワクしてきて、今、めっちゃ前向きです。

ビーマーもそうだけど、まっちゃんと会って話をするというのも、本当に癒されるわ〜。
共通言語があるというのも良いですね。
昨日は、施術終わってから、おしゃべりが尽きなくて、私、友達と合流する約束してたのに、遅くなっちゃったw

その後のお友達とも、楽しく過ごせて、なんだか幸せな1日でした。
そして、「ありがとう」って思いがたくさん溢れた1日でもありました。

私は、何でも話せる友達がいて、本当に幸せ。
そういう出会いを引き寄せてる自分、偉いわー!笑






まっちゃんのインフォメーション
松尾スミレ

何だかよくわからないけど不調、っていう人にも向いてるかも、ビーマー。
気になる方は、一度体験してみてー!

※写真は、まっちゃん家にあったヨーダと、ビーマーライトペン。
このライトペンの先に、色んな鉱物から作られた色んなカラーのペン先を取り付けて、光を照射します。
色には、様々な波長があって、その違いで色んな効果があるみたい。
遠赤外線とか、紫外線とか、そういうのと同じ感じなのかな?




[PR]
by the_snapshots | 2016-03-20 13:42 | イメージ | Trackback | Comments(0)
e0060651_02594770.jpg

とある投げ銭ライブで、これを撮っていたら、ある方から「えげつない」とすごく嫌な顔をされました。
その時は、え?何でそんな事言うのかな?って全然わからなくて、ずっとモヤモヤを抱えていたのですが…
最近になって、ようやくその違和感に気がつきました。

きっとその方は、そんなに深くは考えていなかったとは思いますが、お金をえげつないもの、ひょっとして、不浄なものだと、心のどこかで思っていらっしゃったのかも知れません。
もしかしたら、その方以外にも、お金をタブー視されてる方は多いのかも知れません。

私にとってのお金は、生きていくために必要なものを買うためのものであり、心が豊かになるために使うものであり、時には困っている人を助けるために循環させるものであったり、人と楽しく過ごすためだったり、お祝いしたりお悔やみだったり…生活の中で大切なものだと思っています。
そして、そのお金は、自分で一生懸命働いて稼いだものだったり、想いとともに受け取ったりするもので、えげつなかったり不浄なものではないです。
えげつないお金とは、人を騙したり、インチキしたりして手に入れたものではないのでしょうか?
幸い、私のお財布の中には、そういうお金は1円だって入っていません。
それは、私だけでなく、ほとんどの方がそうなのではないかと思うのです。

そして、この時の投げ銭には、不浄なお金は1円もなかったと思います。
この缶の中には、楽しかったライブに対しての感謝の気持ち、そのアーティストを応援する気持ちなど、色んな『愛』がたっぷり詰まっていたのだと思います。
多分、私はその時、そのエネルギーに対して、シャッターを切ったんだなぁ…。(感覚的にいつも撮ってるので、その時に理由まで考えてる余裕がないのです。)
少なくとも「お客さんに愛されてるなー、凄いなー!」と、リスペクトの気持ちがあったのは間違いありません。

実は、ふとしたきっかけで、お金には愛のエネルギーが乗っているんだと、最近気づいたのです。
家族のために働いて稼ぐお金、孫や甥や姪のためのお年玉、幸せを願うご祝儀、恋人たちのデート代、募金、その他いろいろ…
そこには、ポジティブな想いはあっても、決してネガティブなものではないのだ、と気がつきました。
(不正等に使われるお金や、金で何でも解決できる的な傲慢な考えは、ここではスルーします。)
それなのに、なんとなーく不浄扱いされるお金君(いきなりの擬人化)なんだかかわいそう。
みんなの役に立ってるのにね。愛されたいよね。

なんだか、ふと、そんなことを思ったので、つらつらと書いてみました。
これからお金を稼いだり使ったりする時には、『愛』を意識してみようかな。
世の中を廻るものに、愛を乗せるの。
ちょっとワクワクしてきました。

なんだか色んなことに感謝の気持ちが湧いてきました。
気づかせてくれてありがとう。






[PR]
by the_snapshots | 2016-03-17 03:55 | イメージ | Trackback | Comments(0)

僕たちは自由だ

e0060651_13384190.jpg
僕たちは自由だ

不自由だと思うことさえ
自由だ

全て自由なんだぜベイベー!












[PR]
by the_snapshots | 2016-03-13 13:45 | 風景 | Trackback | Comments(0)

The Art of Loving

e0060651_12122862.jpg
『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』等の著者であり、アドラー心理学研究の日本の第一人者でもある、岸見一郎先生の講演会に行ってきました。

テーマは愛について。

愛することは能力であり、それは、対象との出会いに先行する、と。
個々を愛す前に、誰でもを愛せ、と。
相性はあるものの、愛することに相手は関係ない、と。

今までの概念から一歩先を行くアドラー心理学。
なかなかロックでございますよ。

子供に関する事も語られていましたが、人間はすでに10歳で完成されるので、大人のライフスタイルは、10歳の子供をモデルにすると良いとか。
子供を子供扱いしてはいけないとか。
子供は大人より空気読むとか。
もっと信頼せよとか。

そういえば、アニメの主人公って、10歳くらいのが多いよね!
もう人間として完成してて、何でもできて、伸び代もいっぱいあって、純粋で…
物語の主人公としては最高の歳なんだね。

その他にも、たくさん、たくさん、心に残る言葉をいただいてまいりました。

相手も自分と同じように自由意志を持って生きている。
相手の自由を尊重して、相手の不完全さを納得して、相手の足りないところを補ってあげる。
相互尊敬、相互信頼、目標の一致、協働関係…
など…
「愛は技術」とおっしゃってたけど、心が伴う技術は、ないよりあった方が良いですもんね。
技術っていうとなんかちょっととっつきにくい感じがありますが、それは、世界を見る力というか、考え方の癖をもっとシンプルに置き換えるとか、そういう努力みたいなものだと、私は理解しました。

アドラー心理学、奥が深すぎて、ほんの入口のみの理解ですが…
自分の人生に照らし合わせて、自分なりに取り入れていきたいと思います。





そういえば、岸見先生は、『あまちゃん』が大好きだそうで!
なんともお茶目な。^^
そして、震災にあった時の列車の中での子供のセリフに突っ込み入れてましたw
「あの非常時に、子供は絶対“お腹すいた”なんて言わないですよ。子供はその状況を完璧に把握して、自分の行動を選べます」
とおっしゃってたのが印象的でした。
「子供を上から見てはいけません」とも。










[PR]
by the_snapshots | 2016-03-06 13:09 | イメージ | Comments(0)

管理人は、かなと申します。写真を撮ったり、写真以外の事をしたり、色んな妄想したりしながら生きています。ご連絡は【kanaporeporeあっとgmail.com】まで。あっとを@に変換してくださいね。


by the_snapshots
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31