「ほっ」と。キャンペーン

スナップショッツ!

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ユカリ・ロハ&トモクロウ

e0060651_1534339.jpg

e0060651_1535627.jpg

e0060651_1544423.jpg

e0060651_1541173.jpg


先日、近所のアウトレットモールに、実力派シンガーソングライターのロハとトモクロウがやってきました。
私は都内で彼女達の歌を何度か聴いた事があったけど、夏の夕暮れ時に、郊外のモールのイベントステージという、のんびりした場所で聴く彼女達の歌とギターも、とても良かったです。
販売してたCDも結構売れてたみたいだし、なかなか評判が良かったみたい!
サインとかもしてたよー。

ライブの後、近くの公園でお祭りやっていたので、皆でケバブを食べながらビール飲んだりして、地べたに座って色々おしゃべりしました。
ちょうど花火も観れたし。
楽しかったなーーー。



ユカリ・ロハ

トモクロウ
[PR]
by the_snapshots | 2013-08-28 02:46 | LIVE | Trackback | Comments(0)

なんでもない日常

e0060651_2223356.jpg

たいしたことない料理…
記念でもなんでもないし…
撮る意味とかも特にないし…

なんでもない日常
とるに足らない日常

希望にあふれたり
絶望したり
楽しかったり
悲しかったり
面白かったり
つまらなかったり
ワクワクしたり
ビクビクしたり
愛おしかったり
嫌いだったり
忙しかったり
ボーッとしたり
元気だったり
疲れていたり

大体そんな感じで、私が構築されているのです

なんでもない
とるに足らない
そんな日常

最近の願いは
近所のスーパーがパクチーを仕入れてくれること
それは何気に、叶わぬ想い…w



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

[PR]
by the_snapshots | 2013-08-25 22:21 | 風景 | Trackback | Comments(0)

師匠

e0060651_22354213.jpg

昨日、パニオロ山内さんという、私の師匠と久しぶりにお会いしました。
パニさんは、ギターリストでもあるのですが、ウクレレの先生もやっていたりと、とても多才です。
しかも、ライブは、関西でも「おもろい」と評判だそうで…。^^

師匠って、何の師匠かと言いますと、ギターでもウクレレでもなく、ギャグの師匠なのです。
かれこれ、わたくしが未成年だった頃から、パニ師匠には沢山の事を教えて頂きました。
その中でも一番記憶に残っている教えは…
「ウケないネタは、ウケるまで繰り返せ!」
という衝撃的なものでした。

確かに、パニさんを見ていると…反応の悪いギャグでも、何度も繰り返していくうちに、確実にお客さんの笑いを取っていくんです。
しかも、最終的に「待ってました!」のレベルまで昇華させていくという力技は、まさに神。

その教えから、何年も経って、ある日テレビに出ていたドリカムが
「何度でも何度でも…」とか「10000回ダメでも…10001回は…」とか
パニさんの教えそのままを歌っているではありませんか!(違!笑)
そうか、真理は時代を超えて普遍なのだな(違)と、改めて思い知らされました。(違)

さらに、パニさんは、そのへんに落ちている棒切れでも、充分に楽しいネタに持ち込めます。
棒切れを使ったネタの講座(違)では、
「なーんもなくても、楽しもうと思ったら、いくらでも楽しめる」
という、今思えば、人生の中で実はとても大切な感性、を教えて頂きました。
棒切れ1本で、お腹痛くなるほど笑ったもんなー。
多分、パニさんは、そんな瑣末な出来事は、覚えてらっしゃらないとは思いますが…
弟子にとっては、とても大切な経験でした。

そのパニさんと、昨日は、お話ができて良かったです。
また違った教えを頂きました。
時間を経て聞かせて頂いたお話、そして、過去に教えていただいた思い出…
そして、最近、自分が「ん?」と思った事をひっくるめて、色々なシナプスが繋がった気がします。
また1つ、大切な気づきがありました。

やはり違います、師匠は。
人生の節目節目に現れては、わたくしに大切な事を気づかせてくれます。
まさにわたくしの人生のメンターでございます!


パニさん、これからも、迷える子羊を、どうかお導きください…
[PR]
by the_snapshots | 2013-08-20 00:20 | 人物 | Trackback | Comments(0)

I dreamed a dream

e0060651_982543.jpg

先日、テレビに華原朋美が出ていました。

ヒットを飛ばしていた頃の彼女は、私の中で、アイドルっぽいイメージで、歌も上手いんだか下手なんだかわからない感じで、しかも、ちょっと痛い人だなとも思っていました。
テレビから姿を消した後も、時たま見聞きするゴシップに、赤の他人ながらちょっとした同情心が湧いていました。

そんな彼女が、「レ・ミゼラブル」の劇中歌で復帰するというニュースを聞いた時も、なんかちょっと痛いイメージを勝手に感じていました。
映画で、アン・ハサウェイが歌ってすごかった(私は映画観てない)と評判のあの歌を?ともちゃんが?
逆効果にならないかしら…

日本人て、ちょっと歌が歌えると、「歌姫」とか言われて、それってどうなの?ってところがあって…
ちょっと前に、ホイットニー・ヒューストンの歌ですごい感動を与える歌姫、みたいなのをテレビで観た時、正直、「ホイットニーってやっぱ凄かったんだな」と。
いや、上手いは上手いんだろうけど、それで感動するとかしないとかは、またちょっと別次元の話しだし、上手いかどうかで言っても、ぜんっぜんホイットニーの方が上手いし。
自分の歌になってないというか、レベルがチゲー!と、何故だか腹が立った記憶がよみがえったのです。
その歌手の人は全然頑張ってるし、声量もあるし、ホントに上手いし、いいんだけど、無駄に持ち上げるメディアに腹が立ったのかも知れません。

ああ、今回も、そんな感じで、痛い気分を味わうのかしら…と思いながらも、なんとなくテレビを観てしまったわけなんですが…

昔のヒット曲のメドレーってのを最初に聞いた時に「あーともちゃん頑張ったんだなー」って気分になりました。
声質ってのは変わらないけど、音程が安定してて、トレーニングしたんだなーということが良くわかりました。
そんなことが透けて見えるってのもナンですが…

そして、新曲、「レ・ミゼラブル」劇中歌のカバー…

見た目も、声も、あの華原朋美だし、ヴォイトレも透けて見えるし、アイドル時代のキラキラもないし、有名プロデューサーの後ろ盾もないし、ゴシップで見聞きしていたちょっと痛いエピソードからイメージしてしまうキャラ…
そんな不器用な女が不器用に歌う「夢やぶれて」!


ああ、魂が歌ってるって、こういうことなんだな…
この人は、歌うために生まれてきたんだな…


そして、テレビの前で、涙を流している自分に驚きました!
なんだかこみ上げるものがあったのです。

挫折を味わった人の凄さ。
底から這い上がって来た人の凄さ。
あきらめない凄さ。
最初から器用に出来る人にはない凄さ。
その他の色々、全てをひっくるめて、なんだかわからない凄さ。
アン・ハサウェイを超えるとか超えないとか、上手いとか下手とか、そういうのとはまた違う、
特別なエネルギー。
華原朋美の小さな身体から、何やら大きな「何か」が発せられていたのです。

そして、泣いていたのは、私だけではなくて、テレビに映し出されたオーディエンスや司会者までも!


ずっと「人の心を動かすものと、そうでないものの違い」というのを考えていました。
これは、きっと統計をとっても見えてこないのかもしれません。

魂とか波動とか、もうそういうレベルなんだと思いました。


いやはや、まさか、華原朋美の歌で泣ける日がくるとは!!

つか、歌聴いて泣けた自分にも驚きました。
今までそんなことなかったなー。
歳とって若干涙腺緩んでるのかもしれません。(てオチか?笑)




写真は、豪徳寺の招き猫。
露出計の壊れてるOLYMPUS-PEN(ハーフカメラ)で。
なんとなく、ライブのオーディエンスっぽかった…
[PR]
by the_snapshots | 2013-08-10 11:31 | イメージ | Trackback | Comments(0)

THE JAYPERS @ LA MAMA 2013.07.19

e0060651_2134624.jpg

e0060651_214831.jpg

e0060651_2204450.jpg

e0060651_213573.jpg

e0060651_2153199.jpg

e0060651_2222116.jpg

e0060651_215480.jpg

e0060651_2145033.jpg

e0060651_2162016.jpg

e0060651_2253371.jpg

e0060651_2202499.jpg



THE JAYPERS .web




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ

[PR]
by the_snapshots | 2013-08-03 02:28 | LIVE | Trackback | Comments(2)